講習会について

ホーム>資格と養成>指導者ライセンス制度

講習会について

本委員会では「真の実力を証明するライセンス」資格者養成を目的に、年齢に関係なく明確な指導者資格制度を設けております。この指導者ライセンス制度は、単なる指導力のみを示す資格でなく、順序よく資格を取得することで、高いレベルの能力が身につく制度です。学校教育部門4検定、生涯学習部門4検定、社会教育部門の講座と連動しており、日頃の取り組みがそのままライセンスに生かせるシステムです。   また指導者ライセンス制度を通じて「教学は相長ず(教えることと学ぶことは互いに助け合う)」の精神を尊び、手本を見ずに書ける真の実力を養い、社会で役立つ能力を育むため教育実習制度に力を入れて取り組んでおります。

学校教育部門ライセンス

「学校の国語科『書写』に準拠」している書写検の全国書写能力検定試験、学校教育部門の4検定と連動

生涯学習部門ライセンス

「無理なく上達し、作品づくりを楽しむ」を内容とする書写検の全国書写能力検定試験、生涯学習部門の4検定と連動

実用書道部門ライセンス

実用に活きる毛筆細字楷書および行書揮毫の実力を養う、実用書道部門の2検定と連動