通信教育

ホーム>通信教育>コース内容

硬筆楷書(えんぴつ)


鉛筆を使って、ひらがなと漢字を正しく読みやすく書く講座です。
「ひらがな46文字」を基本に学年配当漢字をまじえた文章を練習し実力を高めていきます。


ステップ1 ひらがな(1~24番課題)

文章の約60%を占めるといわれている『ひらがな』を練習します。
簡単なことばから始まり反復して学習できるよう課題構成しております。
※幼児や外国の方などに向けた教材もご用意しております。


ステップ2 ひらがな・漢字の練習(25~48番課題)

24番課題までに学んだ「ひらがな」を復習しながら、すこしずつ「漢字」の練習に入ります。
課題を進むごとに少しずつ漢字も難しくなっていく課題構成です。
まずは短い文を書き、確実に書写力を身につけます


ステップ3 小さな文字の練習(49~72番課題)

ステップ2を活かし、日常の生活に役立つ文字の大きさを練習していきます。
ひらがな・漢字に加え、カタカナを文章に加えることで作品全体のバランスを整え方を学びます。


ステップ4 行書きの練習(73~120番課題)

簡単な文章を練習し、「行の中心」や「字配り」などのバランスを学習していきます。
97番以降ではお手本がなく、今まで学習してきたことを活かしたり、字典を引いたりして課題を仕上げる力をつけます。